« 第266回:聖地巡礼の結果 | Main | 第268回:音楽惑星 »

2006.04.16

第267回:今シーズン2回目の生観戦

F1000407


昨日はノロさんとともにインボイスSEIBUドームへ。

千葉ロッテが加藤康介、西武が西口の先発。

加藤康介は前回やらかしているだけに、今回はどうなのか心配ではあるが。
その予感が早速的中。1回に西武「ナカジーター」中島に本塁打、4回にカブレラの2ラン本塁打。それ以降はお互いに抑えて投手戦の様相。
加藤康介もナカジーター、カブレラ以外にはヒットを打たれていないし、四球も出していないのでいいのかどうだかよくわからない展開。
それ以上に西口から打てる気配がない。

7回表。満塁で2年目の大松。なんと、西口から満塁本塁打。同行者のノロさんともども半泣き。一気に逆転。
7回裏。加藤は1人ランナーを出したところで交代。内容はまずまずなので、勝ち星を付けてあげてたい気もする。
しかし、登場した内メンバーが江藤に350号本塁打を許しまた逆転。加藤の勝ち星が消える。
F1000403

8回表。ナカジーターの悪送球からチャンスを広げ、代打辻のタイムリースリーベースで点差を広げる。ベニー激走。
8回裏YFKのYが登場。きっちり抑える。
9回表。西武3番手の田崎が火に油を注ぎ、ロッテは一挙7点。夢を見ているよう。
9回裏。14-5になっているのに小林雅英が登場。試合終了。

・・・6回まで1安打のロッテ打線が、7回~9回で12安打ってどうなんでしょうw

というわけで、今シーズン生観戦初勝利。
前から気になっていた「中華バイキング・獅子」に行く。

以下、気になったものを撮影。

F1000397
イナバウアー静香さんの着用済みユニフォーム(と書くと、非常にいやらしい。失礼しました。)

F1000400
田淵が歌っているのかどうかよくわからない「ブッチー音頭」のレコード。

F1000394
秋山がバク転中。

帰路で昨シーズン限りで引退し、球団職員に転じた高木大成を発見。全く普通に歩いていたので、最初気づかなかった。

|

« 第266回:聖地巡礼の結果 | Main | 第268回:音楽惑星 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23451/9617704

Listed below are links to weblogs that reference 第267回:今シーズン2回目の生観戦:

« 第266回:聖地巡礼の結果 | Main | 第268回:音楽惑星 »