« 第218回:いよいよ | Main | 第220回:3連休の続きから »

2005.10.11

第219回:久しぶりに3連休

有給休暇を使ってだったら、3連休はあるんだが、オフィシャルな3連休というのは久しぶりというわけで。

10月8日 千葉マリンへ。
 第218回、朝5時にこれから突撃、と書いてあったのですが・・・
 その後、2時間ほど眠ってしまい、結局出発したのは朝の8時。
 朝10時過ぎにマリンへ到着、その後あまったチケットをチケット難民の方へ譲り、いざスタジアムへ。
 ところが、入るまでに長蛇の列。2年前くらいの空いている状態を知っている人間にとっては、うれしいようなめんどくさいような複雑な感情に。
 そんな喧騒をよそにスタジアム内を探訪していると、こんなポスターが。
 
 F1000250

 31年前のメンバーをフィーチャリングしたポスター群だったのだが、特に気に入ったのがこれ。
 金ヤンとボビー。この2ショットはすごい。ボビーのこの太陽のような笑顔を見ると幸せになります。

 試合。西武栗山がプレーボールホームランで1-0。
 松坂を攻略できない感じだったので、このスミ1で決まるかなと思ったら、松坂の自滅などで無死満塁。
 ここで堀さんがホームラン性のあたり。自分は行ったと思ったが、風で押し戻され犠牲フライに。
 結局、渡辺俊対松坂の投手戦は両者7回1失点で痛み分けといったところか。
 8回。千葉ロッテは薮田が登場。しかし、ランナーを出してしまい、2死3塁というピンチ。
 ここでバッターは4番和田。
 次のバッターが一発のあるフェルナンデスだっただけに、どうするのかというのはひとつの見所であったが、  敬遠でホセ勝負。
 で、見事フライに打ち取り8回裏へ。
 8回裏。西武は三井が登場。しかし、結局フランコのタイムリーをお膳立てするだけで終わり。
 千葉ロッテが逆転。
 9回は幕張の防波堤・小林雅英の登場。
 ところが、2者連続でランナーを出し、1アウト1・2塁のピンチ。
 またやらかすのではないか、という予感。
 しかし、代打・平尾を6-4-3に打ち取りゲームセット。

 周りにいる人とハイタッチ、抱擁などで喜び合う。
 確かに、ここで負けたら18.5ゲームが無駄になるし・・・。
 関係者各方面にメールや電話。
 
 F1000246


 終了後、うわさの球場外ライブに参加。
 F1000245

 明日の勝利を、T教諭に託し家路へ。
 長くなったので仕切りなおし。

|

« 第218回:いよいよ | Main | 第220回:3連休の続きから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第218回:いよいよ | Main | 第220回:3連休の続きから »