« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.30

第214回:昭和54年生まれ道産子という共通点で・・・

ニュースの見聞、ブログのチェックなどで気になったところで。

五十嵐亮太ブログ

確かに、日本から海外に挑戦しているトッププレーヤー達の活躍しているニュースを、毎日のように耳にするよね。それはそれで素晴らしいと思う。ただ、だからと言って、日本の野球がからっぽになったわけじゃないとも思う!選手の技術も力も上がっていて、今いる選手の中でもメジャーでプレーしていけそうな選手もいる。ましてや 日本の応援スタイルなんて最高じゃない!

 いや、天晴れ。
 どっかのチームには、ごねまくってメジャーだとか言っている人がいるんですが、こういう考えを持っている選手がいるというだけうれしかったという話なんだけど。
 メジャーリーグは、結局行くことがステータスになってしまっているのかなという印象を持っていて。(イチローや松井クラスの選手がメジャーというのは大賛成なんだが、日本でタイトルのひとつも取れなかった選手が(マイナーの冷や飯を食わずに)メジャーメジャー言っている風潮が嫌い)

杉村太蔵ブログ
 「料亭に行ってみたい」「議員会館は3LDK」「年収2500万円」「BMWを予約しました」などの品がない発言で注目の衆議院議員。
 年がタメだというのは知っていたが、なんと北海道出身ということまでは知らなかった。
 まあ、税金で飯を食っている以上、ある程度の品格、その他もろもろは絶対必要なんだけども・・・。
 急にかしこまって記者会見してみたり、相当上層部も締め付けているんだろうなという感じ。
 
 多分、自分も「君の年俸は明日から2500万円」とか言われたら、同様の妄想をするだろうし。
 ただ、杉村氏の場合は、それが口に出てしまったという話なのかもしれない。
 自民党も杉村氏を名簿に載せた以上は、彼を国会議員として独り立ちさせるほどに育てる義務があると思うし。
 彼が仕事を何も成し遂げずに任期を終えたときは、ブーイングを送るべきだと思う。
 まあ、このことに関しては「見守る」他ないのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

第213回:ドラマ「電車男」最終回

1週間前になりますが、ドラマ「電車男」が最終回を迎えました。

電車男が書き込んでいた内容がエルメスにばれて、エルメスから別れを告げられる電車。
しかし、エルメスが電車の書き込みを見て、告白されて云々というところ。

確かに、それも感激の展開だったんですけど、自分がうるると来てしまったのは、
「電車男のスレ」がこれ以上伸びない、と決まったあとの「カウントダウンをしてスレに書き込んでいく」という流れ。

愛情より友情とかと思ってしまう自分には、
この展開(ある意味電車は友情より愛情を取ってしまったわけで、友情を持っている「毒男スレの住人と別れる」という展開)はかなりつらいものでした。

昔以上に涙もろくなっている自分はもう我慢できず・・・。

最後はやっぱり「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」が聞きたかったというのはあったが。
久しぶりに1クールじっくり見たドラマでした。

DVDも買おうかと考え中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第212回:デザインを久しぶりに変更

デザインを久しぶりに変更。と同時に、リンクを勝手に増強。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.21

第211回:世の中は3連休だったらしいが

おいらの休みは中日だけ(涙

9月16日(金) 仕事終了後、会社の人々と飲み会。
 1次会は駅前で。2次会はカラオケ。翌日仕事だという人間が多い中、それを気にせず。
 久しぶりに歌いたい曲でシャウトしまくった気がする。
 上司とかいると、どうも接待向けの曲になってしまうので。(でも、上司の前で「愛をとりもどせ」を歌ったことも)
 途中乱入してきた会社の先輩(といっても同じ年なんだが)はちょっと困惑して帰っていった。
 翌日仕事だというのに午前様。お疲れ様でした。
 

9月17日(土) 仕事。
 特にコメントもなし。

9月18日(日) 高校時代の友人の結婚式
 の2次会@浜松町に参加。2月にも浜松町で結婚式があったが、そんときとは反対側。 
 会場へ入ると、早速懐かしい顔を発見。2次会の幹事が高校の友人。
 その他、ナンダカンダで6~7人の懐かしい顔と会う。
 会うのは大学1年時の同窓会的飲み会(と称して、高校時代の担任に全額おごらせるというありえない会)か、
 ニセコのスキー旅行以来。約10年ぶりくらい。基本的には大体変わっていなかった。
 新郎がちょっと丸くなっていたか。幸せ太り?おいらも同じくらい太ったんだけど。
 社会人らしく名刺を持っていったら「怪しいセールスマンだ」と言われ、
 中田英寿を意識したつもりがケンドーコバヤシになった髪形を「おぼっちゃまくん(by小林よしのり)」と言われ、
 挙句の果てには高校時代の名言「光って見えません」を再度蒸し返され、
 新婦の親戚にいた同じ会社の女性と話していたら、「こいつ本当はいいやつですから」「おふたりでごゆっくり」
 などとつっこまれ、自分が相変わらずのいじられキャラであると再認識。

 


「光って見えません」・・・高校3年のとき(そもそもこの集まりが3年のときの同級生の集まり)、

 数学のT先生 が窓際に立って説明。普通に太陽光が黒板に当たっていて板書が読めなかった。

 そこで、当時17歳のまさやん少年がT先生に向かって、「光って見えません」。

 教室中が失笑に包まれる。T先生も失笑。なぜだ・・・。0.1秒悩み結論。

 T先生の頭には黒いものが普通の人よりやや少なかったのだ。

9月19日(月) 仕事。
 一般的には休みらしいので、友人から色々とメールが。
 群馬県からの帰りのNACK5で、坂崎幸之助がフォークソングの番組を色々やっていた。
 そういえば、こないだ親戚がやっているという「坂崎酒店」の前を通りかかった。それだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.15

第210回:今日のやきそば弁当

第209回で結構パワーを使ったので、食事をします。

ぷらりと近所のセブンイレブンに行ったら・・・

最近やっているご当地系カップめん企画で・・・なんと、あの、マルちゃんから出ている、
北海道人のソウルフード「やきそば弁当」を発見。
(逸話をあげるとキリがない。東京の大学へ行った自分の友人が、札幌へ遊びに来た際、「やき弁」を10個パックで買って行ったとか、自分がこっちに住むようになってから、「やき弁」を貢物として持ってくる友人がいるとか。)
北海道人は「ペヤング」じゃなくて、「やき弁」

というわけで、迷う余地なく購入!

F1000054

ソースを上に載せて3分待ちます。

F1000053

戻し汁をマグカップに入れます。中華スープの素を入れると、スープになります。

yakiyaki

ちなみに、このマグカップは、札幌市北18条のカリスマお好み焼き店「南路屋」からもらった貴重なものです。
(HPのコンサの監督はイバンチェビッチでした。2002年に木主哲の後釜として入ったものの、1勝のみで解任という憂き目を見ました)

F1000050

というわけで、あっという間に完食。ごちそうさまでした。

F1000049

期間限定?でセブンイレブンで売っているので、まだの方は是非どうぞ。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

第209回:第208回延長戦

fa1さんが第208回の記事にTBしてくださいましたので、その返信に。

>>民主党には今回ある意味「たしかな野党」の素地がないと烙印を押されたわけで・・・
>それは野党になる気は無かったからじゃないでしょうか・・・。

まあ、彼らは与党になるつもりなんでしょうからね。
ただ、「2大政党(正確に言うと2+1政党なんだけど)」化しつつある中で、この惨敗という結果は重大ということだと思うんです。で、自分の考えは、衆院はもはや巨大与党が蔓延ったという事実で、民主党にも発言権を持っていて欲しい、といったところでしょうか。
選挙結果から「イコール確かな野党ではない」というのは極論ですが、衆議院が暴走し始めた際に止めることができるかどうか、という役割は民主党にあるわけで。
そういう意味では民主党の役割は重大なのではないでしょうか。

>が、「所詮野党」という前提の上で「どうせやらないからって好き放題言ってるな」程度に思われてそっぽを向かれた結果だとしたら・・・。上の言葉を借りると「確かな野党の素地すら無い」といったところですか。さて、どっちの割合が多いんでしょうね?

本来、選挙は「政権選択」であるべきと思うんですが、今回は小泉マジックというか、マスコミの暴走というかで、『「郵政民営化」に賛成か反対かという論点』だけに絞られてしまっていて、しかも例の「刺客」「マドンナ」などですよ。「シェイクボールを投げる」小泉に、「ストレート一本狙い」で行ってしまった、ということなんでしょうかね。
(そもそも、参院で否決されたから衆院を解散、という史上初の「暴挙」だったわけで)
マニフェストを読んでいない(目を通していない)人々は、マスコミ報道でも「野党がほえている」と思ってしまった人は結構いると思います。不幸にも今回の選挙のテーマが「郵政の是非」という「2択」であったので、「他のテーマ」も巻き込んだ民主が割を食ってしまったのかな。次に行われる選挙(多分再来年の参議院?)は、「1個の法案の是非」ではなく「日本の明日」を決める選挙であってほしいと思います。

>どっちにしろこの担任の先生も、今まで生徒をちゃんと指導してこなかったツケをいずれ『学級崩壊』といった形で払うことになりかねないのですが、その前になんとかなるか、教育委員会やらPTAやらが先に何か文句付けてくるか・・・。

今まで「何とかなっている」面もあるので、今後は「学級崩壊」のリスクも高いと思いますね。
「なんだかんだでテストでいい点を取っている悪童」を止める「教育委員会」や「PTA」は絶対必要かとは思うんですよ。

柄にもなく政治のことをまじめに語ってしまいましたが、何か今回の選挙結果には「ぼんやりとした不安」がよぎっているのは確かです。

こんなTB返しですんまそん。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.09.13

第208回:♪選挙の日ってうちじゃなぜか~

投票行って外食してきましたけど何か。(実話

9月11日。この日って特別な日だと思うんですよ。
世界がある意味ひっくり返った、といっても過言じゃない。2001年の出来事。
おいらは、近くのラーメン屋、ラーメンT将で学生ラーメンをすすっていて、
戻ってきてお笑いの続きを見ようと思ったら、世界貿易センタービルが破壊されていた。
なんというか、世界が変わった瞬間をテレビを通じて目の当たりにしてしまったというのが感じた1日でした。

9.11テロの日本人遺族のコメントで、「この日は選挙をやるんじゃなく、祈りを捧げて欲しい。選挙をするなら、平和を愛する人に入れて欲しい」というのがあり、印象的でしたね。

そんな日に選挙というのも微妙な気分なんですが、まあ行ってきました。

結果は自民の圧勝、民主の惨敗。
自民だけで単独過半数、自公で3分の2。憲法改正だって可能な範疇になってきました。
自民の選挙戦略(一連の「刺客」「マドンナ」などなど)や、焦点を「郵政民営化」一本に絞ったやり方というのは、巧妙だったと思います。民主はそれに乗っかってしまい、「反小泉」ばかりを掲げてしまい、ある意味思う壺だったんじゃないかと。

小泉さんの描く未来がどんなもんなのだか知らないが、国民からバトンを再度託された以上は、日本を間違った方向だけには持っていって欲しくない。これは純粋な気持ちですね。

衆議院が実質「自公支配」となった以上、良識の府としての参議院の力が問われるいい機会だと思います。
さらに言うと、別に自分はK産党支持ではないが、「たしかな野党」が絶対に必要だと思うんです。
民主党には今回ある意味「たしかな野党」の素地がない、と烙印を押されたわけであって。

・・・柄にもない政治を語ったので、閑話休題。

<選挙中のため封印していたネタ>
(1) 羽柴誠三秀吉氏が、小泉総理のお膝元神奈川11区から出馬
・・・またかという感じ。ちなみに、昔元気が出るテレビに出ていた「三上大和」はこの人の息子だというのは有名な話なんでしょうか?

(2) 又吉光雄(イエス)氏が、東京1区から出馬
・・・またかという感じ。「腹を切って死ぬべきである」「地獄の火の中に放り込むものである」「唯一神」などの迷政見放送で知られる。

(3) 徳田虎雄氏(自由連合代表)が、引退。
・・・今回の鹿児島2区から「徳田タケシ」という方が出馬されていたので、誰かと調べていたら「徳田虎雄」の長男であるとのこと。この人といえば、何といっても2001年の参議院選挙での「比例候補者乱立」戦略を思い出します。政見放送での一人当たりの時間がわずか15秒程度で、ドクター中松が「ドクター中松」と自分の名前を連呼して帰って行ったのが今でも印象に残ります。一日も早いご回復をお祈りします。

(4) 自分の友人の友人が出馬
・・・自分の高校時代の友人M氏の大学時代の友人である人物(ややこしい)が今回の衆議院選挙に出馬するという話を聞き、調べたところ、今回の激戦区のひとつ「岐阜1区」から出馬した柴橋正直氏であることが判明。野田聖子、佐藤ゆかりの両マドンナ議員に一歩及ばず落選となった。自分は被選挙権があると感じた出来事であった。

(5) 新党大地
・・・最初はネタかと思ったが、どっこい、比例で1議席を獲得。ちなみに、宗男氏が比例で出たという理由は、有罪になったときの予防線と思ったのはおいらだけ?(比例なので、次点の多原香里氏が当選となるはず)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

第207回:9月初更新?

忙しさにかまけすぎてました。
また、週末の話をつらつら書いていきます。

9月3日 「第4回全国イントロ選手権~The Speed~」へ。
以下、某掲示板からの引用。

個人的な回顧です。むしろ解雇か。

<到着まで>
前 前日酒豪のおばちゃんに付き合い、ややn日酔いのまま会場入り。
珍 発走除外事件?要は、リストにおいらの名前がなかったというだけ。ネームプレートはしっかりあったが。
<ジャンル2>
× 面子を見て唖然。イント郎氏、たあわん氏、TK氏といったジャンル2を得意する面々がそろう。しかし、6人参加のため3人抜けであったので、のんびりと構えていた。
演 しかし、「みんなのアイドル」akitoさんが1抜け。その前のトークはまったくのブラフ?
○ その後、自分は「No.1/槇原」「LOVE YOU ONLY/TOKIO」を正解し、リーチ。イント郎氏が2抜けを果たす。
珍 そして聞いたことがあるおニャン子系の曲を押す。(え~、たしかバナナの・・・なんだっけ・・・)「バナナの気持ち」「ブー」。会場場失笑。(正解は「バナナの涙/うしろゆびさされ組」)
× 正解してれば、たあわんさまの3抜けを阻止できていただけに、手柄を逃す。
<ペーパー>
難 昨年よりも難化?洋楽が結構多かった。
× 40点は取りたかったが、35点どまり。
珍 「晴天を誉めるなら雨上がりを待て」という珍答を行う。
珍 個人的なペーパー珍解答大賞は「ギター待のうた」ですね。
<ジャンル3>
敢 ジャンル3を独走したあるでんて氏の性格上、同じジャンルへの滞在はありえないと考え、敢えて自分の苦手かと思われるジャンル3へ移籍。
悪 参加者は「クイズ界のヒール」バーン氏と「イントロ界のヒール」が定着しつつあるおいら。それに挟まれた松氏。
嘘 「ZOO」「もう一回」「愛をください」。という、インチキイントロを実施。
珍 「HIGH PRESSURE/TMR」を、振りつきで歌うのに回答が出てこないという末期的な題忘れを発症。
嘘 「Let yourself・・・Let yourself go, Let myself go」とぎりぎりで言い切る。
万 結果、7○2×で100万点ゲット。
抜 無事に4位で本戦進出。

<7○3×>
? コース選択の基準は、「ハイスピード化しそうな7○7×」「誤答にかなり厳しいアップダウン」を避けての後ろ向きなもの。
× そんななか、Yahoo!軍団のポール氏が1抜け。2抜け以降争いが熾烈に。自分も一応3着圏内に入る。
× 例によって高速早押しモードに入る。しかし・・・
珍 「Mr.Summer Time」をなぜか「Mr.Summerlight」という意味不明なテレコを発症。
鳶 これが響き、トビ。次のラウンドへの影響があると聞き凹む。
<敗者復活>
× 飛んだために、敗者復活ではアドバンテージなし。カットされないように気をつける。
○ 第1セット。モモセジュ氏が抜ける。その後K氏がリーチをかけ、なんとか追っかけリーチ(4点)まで持っていくが、K氏が抜ける。
○ 第2セット。自分は2ポイント持ち。3問正解すればよいと割り切り、のんびりクイズをすることを決意。
神 「希望~Yell~」。はい。神の手です。というわけで、第2セットでは1抜けで準々決勝に間に合う。
<準々決勝前>
食 大会後会う予定にしていた友人に電話。ナンダカンダでその友人を見物者として会場へ入れる。
<準々決勝>
○ とりあえず、知人の一般人がいるので、恥ずかしいクイズをしない程度にがんばることを誓う。
◎ 第1セット。妙に指の調子がよく、6○で1位。第2セットへ。
○ 第2セット。中位組みで残り、第4セットへ。全セットへの参加は叶わず。
× 第4セット。とにかく場を荒らすことだけを考えた。目論見どおり、第5セットで3人抜けという状況になったが、5×はやりすぎ。
◎ 第5セット。前セットで暴れすぎたので、そこそこに存在を抑えていたが、3○1×という成績で、初の「6人」に残る。
喝 タイムレースとはいえ、18○8×はやりすぎでした。各関係者の皆様、申し訳ございませんでした。
<準決勝前>
喝 結局、友人を呼び出しておいて、時間が長引きそうという理由で、「また明日byELT」となる。
<準決勝>
× 予選1位のイント郎氏にあっさり指名。
企 とにかく押していき、結果的にポイントで上回ればいいという超危険思想を持ってしまう。
喝 結果、正解数、解答権回数、誤答回数すべてでイント郎氏を上回るが、ポイントだけが下回り、残り3人へ周る。
企 3人の中で唯一のマイナスポイント。やはり、とにかく押していくしかないという超危険思想をまたしても抱く。
喝 結果、たあわん氏に独走を許す。北イメ同士でも共食いをしてしまう。
喝 準決勝とはいえ、15○11×はやりすぎでした。各関係者の皆様、申し訳ございませんでした。
<決勝>
驚 スタッフ的な仕事をしていたが、たあわん氏の優勝を信じて疑わなかった。しかし、イント郎氏の粘りが驚異的であった。
<大会総喝>
× 今回、新団体「ICメッシーナ」の「柳沢」としての参戦でしたが、「キヲクに残る珍答」を連発し、決定力不足の解消には至らないという結論に達したので、IC(インチキクラブ)メッシーナへの残留が決まったようです。
△ 今回、過去最高の成績を残した(北イメ勢としては4人目?の準決勝進出)が、やはり珍答のインパクトが強すぎた。
孫 Yahoo!軍団という新興勢力が出てきました。イントロクイズ界もn拍子研などの勢力もありますが、ICメッシーナも「イントロ界の新党大地」を目指した活動をしていきたいものです(謎
喝 大会通して20×以上した人はこれまでいるのでしょうか。
喝 私はとりあえず、「大喝アワード2005」「イントロクイズ珍プレー大賞2005」「イントロプレイヤー大賞2005」の3賞に一気にノミネートされるふがいなさっぷりを発揮しました。
珍 そして、まさか2年の時を経て「次点三兄弟」が再結成されるとは。
<慰労会>
○ なかなか珍しい面子であったが、D車が会ったので中抜け。

<翌日>
鴎 会場へ乱入させた一般人とともに千葉マリンスタジアムへ。前日の大喝をスタジアム内での飲食をすべてOGRことで許していただく。
× 試合は、鴎が先制するものの、HKDNPHMがセギノーノレやn人乗っても大丈夫な人のホームランなどで逆転し、鴎が敗北。
帰 有楽町線で帰ったが、冷静に考えるとTKイントロの会場の最寄り駅「豊洲」を通っていた。顔を出そうかどうかかも考えたが、結局池袋へ。
雨 池袋で夕食をし、用を済ませて帰ろうとすると、「どしゃぶりの雨の中で」という状況になる。

有意義な1日を過ごさせていただきましたが、大ハッスルしすぎた気がします。次回はHNDの会合でしょうか。

ではまた。バゲロンチョ←


といったところで、主催者のja138954さん、お疲れ様でした。

って、4日の分も書けちゃったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »