« 第202回:俺たちの新潟 | Main | 第204回:UEFAチャンピオンズリーグ展望 2005 »

2005.08.26

第203回:苫小牧問題・・・

駒大苫小牧、2連覇やりました。感動して泣きました。ホントに。

で、このニュース。

駒大苫小牧野球部長、6月と8月に部員に暴力 謹慎処分

確かに、この告発した親の気持ちも分かる。
高野連がどういう処分を下すかは正直分からない。学校として優勝取り消し、センバツ出場停止となったとしても仕方ないと思う。(不祥事の隠蔽という意味では、明徳義塾で問題となっているはずなので、重い処分となるだろう)

ただ、これだけは言いたい。

駒大苫小牧のナインが甲子園で流した汗、北海道人に与えてくれた感動は、本物なわけですよ。こういう不祥事があっても色あせることはないと思うんですよ。

特に自分のような道外在住の道産子にとっては、こういう生粋の北海道チームが全国で活躍してくれるのは本当にうれしい。
多分春はダメでしょ。来年の夏も多分きついかもしれん。
でも(仮に優勝が取り消しになったとしても)、甲子園の決勝で勝った、という事実は残るはず。(記録が取り消されても、自分の心の中には残る)

|

« 第202回:俺たちの新潟 | Main | 第204回:UEFAチャンピオンズリーグ展望 2005 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23451/5640552

Listed below are links to weblogs that reference 第203回:苫小牧問題・・・:

» ジェントルマンならどうするか? [娑婆に出る]
熱い夏の甲子園が終わっても、今年はずいぶんネタが豊富だ。   例年ならば、甲子園が終われば、プロ野球のペナントレースが大詰めを向かえ、メディアの注目もそちらへシフトする。ところが今年は、甲子園の優勝校が、実は暴力問題を抱えていた・・・しかも黙ってい... [Read More]

Tracked on 2005.08.27 at 02:28 AM

« 第202回:俺たちの新潟 | Main | 第204回:UEFAチャンピオンズリーグ展望 2005 »