« 第103回:でもやっぱり | Main | 第105回:最近は個人的な話&野球な話ばっかだったので »

2004.10.02

第104回:所沢ホセ祭り

というわけで、パ・リーグプレーオフの第1ステージ、第1戦を見てきました。

まずすごいと思ったのが、北海道日ハムの応援団。
西武ドームの正面に日ハムのユニフォームを来た人物が。
誰かと思ったら、STV(札幌テレビ)のスポーツ実況アナウンサーのN井アナ。

自分は今回の立場としては「中立」であるが、一応出身地であることに多少敬意を表して3塁側に。
レフト側の観客席がすごいことになっていた。
西武側の方がむしろ客が少ないくらい。

で、試合。
西武は松坂、日ハムは金村。
3回表までは投手戦。松坂はパーフェクト。
3回裏、金村がやや荒れ始め、四死球で満塁となり、カブレラに走者一掃。
しかし、4回表に小笠原の3ランで同点。
6回にはフェルナンデスのソロで勝ち越し。管理人はこのときトイレに行っていました。w
しかし、7回表にセギノールのソロで同点。

7回裏。佐藤のソロでまた西武がリード。ここで投手は金村から井場。
井場が四球で赤田を出塁→盗塁で2塁へ。
カブレラを実質敬遠後、細川のパスボールで2、3塁へ。
で、和田も実質敬遠後にホセと勝負。かなり無謀な気もしたが、案の定満塁弾で10-4。
ここで勝負はほぼ決したか?

8回表、今度は日ハムがノーアウト満塁のチャンス。
応援団は「北の国から」のチャンステーマを。
木元が走者一掃のタイムリーで10-7。
しかしその後は続かず、最後は豊田でゲームセット。

いくつかネタを。
・審判が6人制だった。
・主審の柳田さんの顔面にボールが8回表だけで3~4回直撃していた。
・ハムの代打勢が豪華。(オバンドー、エチェバリア、田中幸雄)


というわけで、0.5ゲーム差の無念をかみ締めてきた1日でした。

|

« 第103回:でもやっぱり | Main | 第105回:最近は個人的な話&野球な話ばっかだったので »

Comments

おおー、あのGG賞経験者の柳田がこんな大事な試合で主審を任されていたとは。実に感慨深いです。

Posted by: たかぼー | 2004.10.03 at 12:15 AM

個人的には柳田さんの印象は、92年の日本シリーズSL決戦で西武球場(だったかな?)でフェンスに激突してのナイスキャッチのシーンが印象に残っております。

Posted by: 管理人 | 2004.10.04 at 11:20 PM

その、すごいことになっていたレフト側観客席にいますた。
電話をしようと思ったが、試合展開がそれどころではなく(^^;

柳田は審判になってからはゾーンがばらつくので嫌い。
あの日も「柳田ボール」がいくつか見られたし。

しかし、あのあと建山→入来とつぎ込むのであれば、あそこは井場じゃないなぁ。

Posted by: ham帽 | 2004.10.09 at 10:07 AM

>ham帽さん
自分はレフト側、というか3塁側の境に近い内野自由にいました。応援席に行ってham帽さんを探そうとも思ったのですが、やはり試合展開が一瞬も目が離せなかったので(^^;

あそこで井場というのは、結果論になるかもしれないですが?でしたね。建山かなというのが思ったところで。

Posted by: 管理人 | 2004.10.10 at 01:13 AM

確かに結果論なのは否めないですが、僕もあそこは井場じゃないと思います。出てきて相手ファンがガッツポーズするほどの投手ですぜ。
タテヨコ出すのが早いのであれば、芝草でもいいわけで。矢野や櫻井もいつまで下にいっぱなしなんだ。

Posted by: たかぼー | 2004.10.11 at 10:22 AM

>ham帽さん
移籍初年度のご祝儀かつコンサ絶不調ということもありまして、Fsは地元で相当好意的に扱われてますよ。
なんたって中日優勝の翌日に日刊が「新庄」と1面に使いましたから。

Posted by: たかぼー | 2004.10.11 at 10:24 AM

「移転」だった。コメントムダに使いすぎ。

Posted by: たかぼー | 2004.10.11 at 10:25 AM

最近、北海道に規制するたびに感じるのは、「ハムの選手の露出が増えたな」ということですね。

今年の正月はCMに出てたのは新庄くらいだったのが、夏に帰った時には新庄にガッツ、ヒルマンまで出ていて。冬に帰ったらヒチョリが出ていそうなので怖い(嘘)。

Posted by: 管理人 | 2004.10.11 at 10:22 PM

>継投
井場を出すこと自体は決して間違いではない(今季対L防御率1.88)とは思うけど、満塁にした時点で別の投手にしないと。制球力皆無なんだし。
だから、「井場登場」ということよりは「(ホセのところで)井場続投」のほうに?を感じるのよ。
まぁ、あの時点ではあんなに入来の出来が良かったなんて思ってなかったし(それこそ結果論)。

>たかぼー
この間はお見事でしたw
ハムが北の大地に根付く、ということはそれだけ長くハムを応援できると言うことなので実にありがたいですな。

Posted by: ham帽 | 2004.10.30 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23451/1571812

Listed below are links to weblogs that reference 第104回:所沢ホセ祭り:

« 第103回:でもやっぱり | Main | 第105回:最近は個人的な話&野球な話ばっかだったので »