« 第2回:週末記(3月第2週) | Main | 第4回:ギックリ腰 »

2004.03.17

第3回:負けられない戦いがそこにある?

今日。何とかかんとかでレバノンに勝利。阿部勇樹(直接FK)と大久保嘉人(ヘッド)という追加召集組がゴールという結果を残し、辛くも勝利したという感じだったと思います。あと、茂庭はシュートを数本外してしまいましたね。惜しかったです。
日本ラウンドに入ってからは、バーレーンとの戦いでは敗れ、レバノン戦もUAE戦ほど楽勝というわけではなかったので、次のUAE戦は激しく不安ではあるんですけども。
今日はイエローカードの累積対策で田中達や鈴木啓太といったところは出場していなかったですが、今度は出場するだろう、ということでおそらくこの世代のベストメンバーとなるでしょう。
UAE戦の予想スタメン:FW 田中達、平山 MF 松井、石川、森崎、鈴木、今野 DF 那須、阿部、茂庭 GK 林。

で、日本は結局UAE戦で何をすりゃいいのか、勝てばいいみたいです。
ただ、気になるのは西が丘での「バーレーン対レバノン」。
日本が1-0で勝つとすると、その時点で暫定的に得失点差の差は5。つまり、バーレーンが5点差以上つけて勝たなければ日本は五輪となります。
ドロー、負けはすなわちアテネ行きならず、となるようですね。
次こそは本当に「負けられない戦い」となるみたいなので、がんばって会社の仕事を7時までには切り上げます。

|

« 第2回:週末記(3月第2週) | Main | 第4回:ギックリ腰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23451/311254

Listed below are links to weblogs that reference 第3回:負けられない戦いがそこにある?:

« 第2回:週末記(3月第2週) | Main | 第4回:ギックリ腰 »